Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in /home/cbltechc/othersites/cbldatarecovery.jp/textpattern/lib/txplib_db.php on line 14
RAID&サーバー・データリカバリーサービス - CBL JP
CBLデータ回復

サーバー・データリカバリーサービス

We Are Your RAID Data Recovery Service Experts

現在、低コストで莫大な容量のデータ保存が実現する、RAIDディスクアレイは、目覚しい勢いで普及しています。ハードディスクの安定性は大幅に向上し、同時に使用者のバックアップの必然性に対する認識もますます強くなっています。
  しかし、予想もできない様々な要因で、データのトラブルが発生していることも事実です。RAID技術も完璧にデータの安全性を保証できないため、RAIDシステムであってもデータ損失の災難を招く事例はよくあります。RAIDアレイや企業向けデータ・ストレージ・システムは、その企業で最も重要なデータ資源を保存管理していますが、これらのデータ・ストレージ・システムからデータを読み取り・検索できない事態が発生したとき、如何なる事例に対してもその原因調査の手法、修復技術を速やかに調査し、効率的に安全な方法で、 データを回復できる会社に頼る必要があります。

☆ CBLジャパンは、世界で最も成功したデータ復旧サービス企業の1つとして、お客様のビジネスが速やかに進行できるよう、上質のカスタマーサービスと専門のRAID復旧サービスをご提供いたします
☆ CBLジャパンの専門技術とセキュリティレベルは、安心・安全なハードディスク・ドライブのデータ復旧プロバイダーとして主要PC・メディア・ハードディスクメーカー様より推薦いただいております
☆ CBLジャパンは、【No data, No charge!】のサービス方針に基づき、初期診断無料で、お客様に高復旧率、高品質、高品位のデータ復旧サービスをご提供いたします。

RAID(Redundant Array of Independent Disk )

  RAIDアレイは、RAID0、RAID1・・・RAID5、RAID5EE等、複数台のハードディスクを、RAID Controllerにより、単一大容量のハードディスクとして使用できます。一度RAIDが故障してしまうと、ダメージは非常に大きくなってしまうのです。このようなときは、CBLジャパンにお任せください。

  RAID0・・・RAID5・・・または他のRAID形式には関係なく、CBLジャパンのデータ復旧は、全領域をカバーします。 エンタープライズ・ストレージ・システムのサイズ、構成、オペレーティング・システム、あるいはプラットホームにかかわらず、すべての救済手段が失敗した場合でも、CBLジャパンではそれがマルチディスクRAIDアレイ・システム、SAN、NASまたは他の多くのディスク・サーバ・システムから、お客様のデータを復旧いたします。

  CBLジャパンの専門技術陣と高度な専有技術は、RAID0・・・RAID5・・・およびその他の複合型RAIDシステム、大型サーバー・システム、企業向けストレージ・システムなどからデータを復旧するために開発されました。

  もしお客様が他の会社でデータ復元を行った、しかし成功していないので、これは決してデータが徹底的になくすことを意味ではなく、もしあなたのデータはとても重要ならば、RAIDシステム・ハードディスクをCBLジャパンのデータ・リカバリー・センターに送り届けて下さい、私達はあらゆる方法で、研究、分析し、ベストを尽くして、データを修復し、お客様の損失を減らします。

  今日、RAIDはBackup Solutionではなく、常時データのストレージを保存するのが主な役割になっています。さまざまなオペレーティング環境のエンタープライズのストレージ・システムに利用されています。
  CBLジャパンは以下のようなすべてのディスクドライブからデータを回復させます。

対応するRAID、サーバーランク

  • RAID0
  • RAID1
  • RAID2
  • RAID3
  • RAID4
  • RAID5
  • RAID6
  • RAID1E
  • RAID5E
  • RAID5EE
  • RAIDADG
  • 複合型RAID
  • JB0D、SAN、NAS
  •  ・・・and more

RAIDアレイ・サーバー】データ回復プロジェクト

  • 不正なデータベース
  • システム起動不能
  • データファイル誤消除
  • データ破壊、ファイル損失
  • データファイル重ね書き
  • HDDオフラインによるシステム破壊
  • RAID-Card更新によるシステム破壊
  • ファーム・ウェア破壊
  • MBR、BR、FAT、DIR破壊
  • 壊れたバックアップ
  • Rebuild失敗及びRebuild後システム起動不能
  • RAID序列構成故障、HDDを順列ミス
  • パーティション失踪及びMount不能
  • 物理的にハード・ドライブ損壊
       (PCB,、Head、 Motor、Plater、Chip、Sector等)
  • Logic的にハード・ドライブ損壊
  • 突然電圧変動、落電によるデータ損失
  •  ・・・and more

重要注意事項:

 データ損失、被害後に、二次破壊を防止のために、RAIDのトラブルは発生時、できるだけ早く、そのRAIDでの作業を中断し、ハードディスクの自検も含む、一切の操作をすぐ停止してください。

  • Rebuild操作しない。
  • 初期化操作禁止。
  • 単一のハードディスクを強制オンラインしない。
  • ハードディスクを再配置しない。
  • くれぐれも自分で盲目的にRebuildとデータ復元を試す操作をしない。
  • システムの電源をすぐ切ってください。
  • 故障HDDは配置の順番の通り間違いないように番号を付してください。
  • 故障状況をRAIDアレイ、サーバーのメーカー及び代理店に報告して、
        或いは信頼できる専門データ復元会社にご連絡ください。
RAIDアレイの故障ディスクに対して何らかの操作を行う前に、私達にご連絡してください  ⇒ 【問い合わせ】 CBLジャパンは無料で故障ディスクを診断し、大事なデータを保全することて、お客様の損失を最小限に減らします。

RAID Recovery Process For Enterprise Storage Systems

 ★ データ復旧サービスお申し込み

  CBLジャパンの<<オンライン申し込みフォ-ム>>に必要内容を記入して、お申し込みいただき、CBLJデータ復旧プロセスを開始してください。または弊社のデータ・リカバリー・ホットライン(TEL:03-5226-5889)へご連絡ください。
  CBLジャパンのカスタマケア担当者は、あなたのデータ損失状況の原因によって、回復の過程とサービス内容及び診断契約手続きを説明いたします。

 ★ データリカバリサービス初期診断依頼手続き

  CBLジャパンのデータリカバリーサービスをご依頼の際は、【初期診断契約書】ならびに【初期診断申込書】をご利用ください。 【初期診断契約書】の内容に合意いただけましたら、【初期診断申込書】に必要事項をご記入願います。記入済みの【初期診断申込書】を同梱の上、弊社のデータ・リカバリーセンター宛にご発送願います。
  RAID本体をいただく必要はありますが、もしHDDだけを発送する場合は、HDDの順番を間違いない様に、番号を明記の上、RAID ControllerかConsole+SCSI Card+関連するDriver CDと一緒に送ってください。

 ★ RAIDアレイ故障ハードディスク到着通知

  お客様のRAIDアレイがCBLジャパンによっていったん受け取られると、それはすぐに、弊社サービス・システムに登録されます。 この時点で、お客様の故障メディアの到着通知とJOB番号をe-mailによってお知らせします、お客様はどんな質問、要望及び追加情報もCBLジャパンカスタマケア専門家と直接問い合わせできます。

 ★ RAIDデータ復元サービス初期診断作業開始

  お預かりしたお客様のRAIDアレイはサーバーシステムが無料の診断(評価)のために、CBLジャパンの研究室に置かれます。 この診断の間に、故障メディアの実行可能なデータ保全は行っています。CBLジャパンのデータリカバリーサービス責任の一部として、この作業を通して、お客様のオリジナルデータの完全性を最大限維持するために、必ず実施しています。
  RAIDアレイの初期診断が必要とするサービスのレベルによって、最小24時間であなたのデータを回復することができます。

 ★ RAIDデータ復旧診断結果報告

  CBLジャパンの技術スタッフが速やかに復旧診断を行い、カスタマケア担当者は研究室の診断結果をお客様にご報告します。 データ回復が可能であるなら、データ復旧の承認のために、お客様に電子メールで【診断報告書】、【復旧可能データリスト】、【見積書兼請求書】を送付いたします。 お客様は弊社からの診断結果をもとに、データ復旧を行うか否かを決定していただくだけです。
  なお、RAID&サーバーシステムは初期診断結果による、データ復旧可能でかつお客様のご都合でデータ復旧サービスをキャンセルされた場合、キャンセル手数料として\52,500-申し受けます。
  複合型RAIDシステムと大型サーバーシステムについては別途お問い合わせください。

 ★ RAIDデータ復旧作業

  お客様のデータが修復されれば、厳密な品質管理プロセスによって、データが読取可能なフォーマットにあることの保障を取得します。
  CBLジャパンの厳密な品質管理手順のもとに行われる、データ・リカバリー作業により復旧したお客様のデータは、通常DVD-ROMまたはCD-ROMに収容し、お客様ご指定の場所に返送いたします。なお、データ返送メディアは実費にて他の媒体に変更可能です。
  お客様の故障RAIDアレイと回収データ・メディアを出荷と共に、CBLジャパンの担当スタッフは追跡の目的に送り状番号をお客様に付与します。