Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in /home/cbltechc/othersites/cbldatarecovery.jp/textpattern/lib/txplib_db.php on line 14
デスクトップ・システム・リカバリー - CBL JP
CBLデータ回復

あらゆるストレージ、メディアに対応します!

万が一、 デスクトップ型のハード・ディスク・ドライブが故障し、お客様の重要データにアクセスすることができない時は、CBLジャパンにおまかせください。:私たちのハード・ドライブデータ復旧サービスは、データ損失のすべての原因から、お客様のデータを取り戻すことができます。

データ損失の原因

  • 機械的なハードウェアの故障
       (PCB,、Head、 Motor、Platter、Chip、Sector等)
  • ヘッド・クラッシュによるプラッタ損傷
  •  ファイルおよびパーティションの誤削除
  •  ディスクフォーマット、ファーム・ウェア破壊
  •  ファイルの重ね書き
  • システム、ソフトウェアエラー
       (MBR、DBR、FAT、DIR破壊)
  • 静電気の放電(ESD)による故障
  • ウイルス汚染、ハッカーからの攻撃
  • 火事または洪水による物理的な損害
  • ブルー・スクリーン

We Are Your Hard Drive Data Recovery Experts

  ハード・ディスク・データ復元サービスの世界的なリーダーとして、CBLジャパンのハード・ドライブ・スペシャリストは、データ修復・復旧のエキスパートです。ハードディスク技術の必要なツールと立証された深い知識で、各業界の法人様ならびに個人様の故障したハード・ディスク・ドライブから、大事なデータが確実に高復旧率、高品質でデータを取り戻すことができます。

  CBLジャパンのデータ復旧サービスは、多くのハードディスク・メーカー様、コンピュータ・メーカー様より、メディア保証期限の継続を約束されており、ウエスタンデジタル・東芝・富士通・Maxtor・Dell・HP等の、主要メーカー様より正規認定パートナー企業として推薦されております。当社のデータ・リカバリー・サービスをご利用された場合、HDDメーカーは、お客様がパソコンの再販業者または代理店から購入されたディスクドライブに対して、その保証を無効にはいたしません。それ以外の場合、ディスク・ドライブから、誤用または改ざん、不適切な導入または変更が原因と考えられる故障が発見された場合、メーカー保証は無効となります。

ハードディスクのデータ復元サービスを必要としているなら、安心、信頼なサービスをご選択ください。

対応するメーカー、HDDクラス
  • Hitachi
  • IBM
  • Toshiba
  • Seagate
  • Western Digital
  • Fujitsu
  • Samsung
  • HDD 1”
  • HDD 1.8”
  • HDD 2.5”
  • HDD 3.5”
  • HDD 大型
  • SSD
  • ・・・and more

対応するオペレーティングシステム

  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • Unix

重要注意事項:

データ損失 、被害拡大の予防、二次破壊防止のため、HDDのトラブル発生時は、できるだけ早く、そのコンピュータでの作業を中断し、ハードディスクのセルフチェックを含め、一切の操作をすぐに停止してください。
 特に、お客様ご自身による盲目的な電源ON/OFFの操作を、繰り返し行わないでください。これにより、プラッターの損傷が拡大されて、データを修復できなくなる危険があります。コンピュータの電源を、最も安全な手順で落とし、信頼できる専門のデータ復元会社にご連絡ください。

故障のディスクに対していかなる操作を行う前に、私達にご連絡ください。  ⇒ 【お問い合わせ】 CBLジャパンは、故障ディスクを無料で診断し、大事なデータを保全することで、お客様の損失を最小限に減らします。

Hard Disk Data Recovery Process for Desktop Computer Failures

★ データリカバリーサービスお申し込み

  CBLジャパンのデータ復旧サービスは、オンライン・フォ-ムから必要事項を送信いただくか、または弊社のデータ・リカバリー・ホットライン<TEL:03-5226-5889>へお申し込みください。
  CBLJのカスタマーサポート担当者より、お客様のデータ損失状況の確認の後、サービス内容のご説明及び診断契約手続きの方法をご案内いたします。

★ 初期診断依頼手続き

  当社のデータリカバリーサービスをご依頼の際は、【初期診断契約書】ならびに【初期診断申込書】をご利用ください。【 初期診断契約書】の内容に合意いただけましたら、【初期診断申込書】に必要事項をご記入願います。記入済みの【初期診断申込書】を同梱の上、弊社のデータリカバリーセンター宛にご発送願います。
  ディスク・ドライブの損傷状況と、お客様のご選択いただいたサービスのレベルにより、最短24時間内でデータを復旧いたします。

★ 故障メディア到着通知

  お客様のディスク・ドライブがCBLジャパンラボに到着すると、すぐに、サービス・システムに登録されます。この時点で、お客様の故障メディアの到着通知とJOB番号を、e-mailにてお知らせします。
  お客様は、どんな質問・要望・相談及び追加情報もCBLジャパンのカスタマーサポート担当者に直接【お問い合わせ】いただけます。

★ 初期診断作業開始

  お預かりしたハード・ドライブは、無料初期診断の間、CBLジャパンのラボに保管いたします。診断の間に、故障メディアから回収可能なデータの保全を行います。 CBLジャパンでは、この作業を通して、お客様のオリジナルデータの完全性を最大限維持するために、必ず実施しています。

★ 診断結果報告

  CBLジャパンの技術スタッフが速やかに復旧診断を行い、カスタマーケア担当者は研究室診断結果をお客様にご報告いたします。 データ復旧が可能であれば、復旧のご承認いただくために、お客様に電子メールで【診断報告書】、【復旧可能データリスト】、【見積書兼請求書】を送付いたします。
  お客様は弊社からの診断結果をもとに、データ復旧を行うか否かを決定していただくだけです。

★ データ復旧作業

  CBLジャパンの厳密な品質管理手順のもとに行われるデータリカバリー作業により、復旧したお客様のデータは、通常DVD-ROMまたはCD-ROMに収容し、お客様ご指定の場所に返送いたします。なお、データ返送メディアは実費にて他の媒体に変更可能です。
 お客様の故障デジタルメディアと回収データメディアを出荷と共に、CBLジャパンの担当スタッフは追跡の目的に送り状番号をお客様に付与します。

もしも、お客様のデータがCBLジャパンのデータリカバリー技術で復旧、修復、データ回収できなかった場合には、診断に伴う費用は、一部メディアの分解/組立費用を除き一切発生いたしません。 初期診断料金は無料です。