Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in /home/cbltechc/othersites/cbldatarecovery.jp/textpattern/lib/txplib_db.php on line 14
FAQ - CBL JP
CBLデータ回復

Q&A

データ復旧、データリカバリーに関して、よくお問い合わせのある内容を項目別にまとめています。お知りになりたい項目をクリックしてください。Q&Aにないご質問等に関しては、 お問い合わせをご利用ください。

Q:  どのようなメディアに対応していますか?

あらゆるストレージ、メディアに対応します!

    ハードディスク:
      << 1”、1.8”、2.5”、3.5”・・・≫ ⇒ ≪ IDE、SCSI、SATA、SAS・・・≫
      シングルハートディスク、マルチハードディスク、RAID、NASなど

    リムーバブルメディア:
      CD-ROM、CD-R/RW、DVD-ROM、DVD-R/RW、DVD-RAM、Syquest、ZIP、
      JAZZ,ORB、MO、FDDなど

   カード型メディア、PCMCIメモリー:
      スマートメディア、コンバクトフラッシュ、SDカード、メモリースティック、MP3、
      Pen Drive、SRAMカード、フラッシュカード、テープカトリージなど

    SSDディスク:
     ATA-Disk Module、ATA Flash Drive、ATA Disk Chip、Industrial CF card

    対応可能ストレージ、メディアについて、詳しくはこちらをごらんください。

Q:   どのようなOSに対応していますか?

あらゆるOSに対応します!

    Dos、Win3.x、Win95/98/ME/2000/XP/Vista/7、WinNT-WS、Win2000-WS、MAC
     WinNT-Server、Win2000/2003-Server、Unix、NetWare、Linux-Server、
     OS/2、MacOS-Server、WinNT-WS/Server、Win2000-WS/Serverなど

    対応可能OSについて、詳しくはこちらをごらんください。

Q:   特殊機種の媒体には対応していますか?

    特殊な工業用ストレージ、POS機器及び大型コンピューターなどにつきましては、
     まず「CBLJPデータリカバリーセンター」へご確認ください。

Q:   どのような障害に対応していますか?

     あらゆる記憶メディアの障害に対応しています!

    論理障害、物理障害を問わず。
     各ストレージ・メディアの障害についての詳細は、こちらをご参照ください。

Q:   論理的障害と物理的障害とは何ですか?

   論理的障害とはシステム的・ソフトウェア的な障害

・OSが起動しない ・システム認識するがアクセス不可(状況により) ・誤りフォーマット、パーティション、デリート、クローン ・パーティション・テーブル情報(MBR)の損失 ・ブート・セクター情報(BOOT)の損失 ・ウィルスに感染よる破壊、ハッカによる攻撃 ・ファイルを誤削除またオープン不可 ・操作ミスによるデータ損失、破損、失踪してしまったなど・・・

    物理的障害とはハードウェア的な障害

・システム認識するがアクセス不可(状況により) ・システムで認識不可、サーボ情報が失い等 ・電源が入らない ・モーターが回らない(スピンしない)、どんな音もしない ・起動時に異音が発生する(クリック音) ・ヘッドのスキューによるデータアクセスの誤り等 ・電気回路(基板)の損傷、チップが焼け壊され等 ・落下、水没、火事、災害、交通事故による故障など・・・

Q:   ハードディスクなど障害媒体を修理するのですか?

    障害媒体からデータを復元するサービスであり、メディア及びハードディスク本体を
    修理、修復するサービスではありません。

Q:   初期診断は費用がかかりますか?

    初期診断は無料です!  No data, No charge !

    成功報酬型のサービスので、お気軽いにご相談ください。

Q:   初期診断の申込み方法は?

    弊社ホームページの【オンラインフォーム】から、必要事項をご記入の上送信にて、
    お申し込みできます。折り返しCBLジャパンから「JobNo.」、「初期診断契約書及び
    契約申込書」を送信します。

Q:   初期診断で何が分かるのですか?

    1、診断報告書(論理的障害か物理的障害か、データ復旧作業時間、納期)
    2、回収可能なデータリスト(格納場所とデータ容量)
    3、見積書兼請求書

Q:   初期診断には何日くらいかかりますか?

    品物到着日を除き、1-3営業日頂いております。
    媒体容量及び障害状況等によっては延長することがあります、この場合にはお客様に
    診断延長の中間報告を提示し、お客様承諾の上診断を継続します。
    特別お急ぎの場合はご相談ください。

Q:   データ復旧作業にかかる期間はどのくらいですか?

    入金確認後、1-2営業日にて復旧が可能です、回収データのサイズ、メディアの
    種類や、障害の程度により作業時間は異なります。

Q:   データ復旧費用について知りたいのですが。

    弊社のデータ復旧料金の算出方法は、初期診断による、復旧データの容量を
    基本とし、障害媒体の状況確認から計画する復旧作業工程の内容により算出
    します。このため、初期診断が完了するまでは正確なデータ復旧料金をお客様
    へご提示することができませんので、あしからずご了承願います。
    なお、データ容量の計算方法はデータ復旧を行うパーティション単位のデータ
    総容量となります。

Q:   緊急のデータ復旧サービスには対応していますか?かかる費用は?

    優先サービスに対応しています。
    優先サービスをお申込の場合、お見積金額はスタンダードサービスの1.2倍となります。
    優先サービス選択時に、お客様のご都合でデータ復旧サービスをキャンセルされた

Q:   障害媒体の梱包と送付方法は?

    障害メディアをエアーキャップ等でくるみ、衝撃が伝わらない様確実に梱包してください。
    特にハードディスク、マイクロドライブは衝撃に弱い為、ご注意してください。
    宅配業者へは「精密機器」、「取扱注意」とお伝えください。
    媒体輸送中のトラブルに関して、弊社では一切責任を負いませんのでご了承ください。

Q:   回収データ領域の保管期間は?

    ご納品させて頂きましたリカバリーメディアの内容は、お手元に届き次第できるだけ
    早くご確認ください。弊社では、リカバリー完了したお客様の復旧領域を10日間保
    管させて頂いております、保管期間を過ぎた時点で、お客様の復旧領域はすべて
    完全抹消致しますので、ご注意ください。

Q:   データの秘密保持について:

    弊社の【初期診断契約書】第三項にて、お客様の機密保持をお約束致します。
    また法人お客様のご要望に対し、法人専用の【秘密保持契約書】を用意しております。

    なお、弊社データリカバリーラボへの技術以外の従業員は立入禁止となっております。
    それぞれのJobは専任のエンジニアが担当し、お客様のメディアを預けております。
    これによりお客様のデータは、接触率を最低限に規制しております。
    ご依頼された記憶メディアからデータが漏洩する事は絶対にありません。

Q:   個人情報の使用目的について:

    当社の個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。 [Privacy]